医療法人永世会は佐賀県で患者様に優しい、開かれた眼科医療をご提供いたします。

眼瞼下垂

ホーム > 眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを挙げる筋肉がうまく働かず、まぶたが下がっている状態のことです。

眼瞼下垂の症状

まぶたが下がっている

  • 目が開けにくい
  • 視野が狭い、見えづらい

目を開けようとして力を入れる

  • 眼精疲労
  • 頭痛、肩こり
  • おでこのしわ

一般的にまぶたは加齢とともに下がってくるので、まぶたが下がったからといって必ずしも病気とは言えませんが、つらい症状が現れている場合は治療をお勧めします。

手術について

当院では炭酸ガスレーザーを用いて手術を行っております。炭酸ガスレーザーは、止血と凝固をしながら組織を切開することができるため、出血が少なく手術時間も片眼で20分と短時間で行うことが出来ます。また、手術後の瞼の腫れや痛みも軽減されます。

眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂症

まぶたを持ち挙げる筋肉の力が弱くなっている場合ミューラー筋と呼ばれる筋肉を縫い縮める手術を行います。

腱膜性眼瞼下垂症

眼瞼皮膚弛緩症

まぶたの皮膚がたるんで下がっている場合、余分な皮膚を切除し、皮膚を縫合する手術を行います。

眼瞼皮膚弛緩症

術後のダウンタイム

術後の目の腫れ・皮下出血は必ず起こりますので、手術当日からの冷却が必要です。目立つような腫れや皮下出血(※殴られたような跡になります)は2週間~4週間くらい残りますので、外出時にはサングラスを装用することをお勧めいたします。
また、手術後2週間で抜糸をしますが、それまでは糸による異物感やつっぱり感があります。

手術費用

  負担割合 患者負担岳
片目 1割負担 約1万円
2割負担 2万円程度
3割負担 3万円程度

当院での眼瞼下垂症手術の特徴

炭酸ガスレーザーで、出血・腫れの少ない手術

当院では炭酸ガスレーザーを用いて手術を行っております。通常のメスでは出血が多いため術野が見えづらく、止血をしながらの手術で時間がかかってしまいます。
これに対して炭酸ガスレーザーは、止血と凝固をしながら組織を切開することができるため、出血が少なく、片眼で20分と短時間で手術を行うことが出来ます。

手術顕微鏡を使用した丁寧な手術

当院では、まぶたの手術時にも手術顕微鏡を使用しています。顕微鏡を用いることで、筋肉や血管などの組織の見極めが正確になり、不必要な組織の損傷や無駄な出血を極力抑えた、丁寧な手術操作が可能になります。

手術顕微鏡を使用した丁寧な手術
手術顕微鏡を使用した丁寧な手術