医療法人永世会は佐賀県で患者様に優しい、開かれた眼科医療をご提供いたします。

屈折矯正手術

ホーム > 屈折矯正手術

屈折矯正手術について

屈折矯正手術とは眼鏡やコンタクトレンズを使わずに手術によって近視・遠視・乱視を矯正する方法です。

  • V-LASIK
  • SMILE
  • ICL
V-LASIK SMILE ICL
術前検査 3万円 3万円 5万円
手術費用 20万円
(片眼10万円)
30万円
(片眼15万円)
70万円
※乱視用80万円
(片眼35万円、
乱視用40万円)

屈折矯正手術までの流れ-適応検査

所要時間1時間程度で完了いたします。

検査(15~20分)
手術を受けることができるか検査を行います。

down

医師の診察
検査・診察結果をもとに適応判断を行います。

down

散瞳検査
瞳孔を開く目薬をさします。瞳孔が開くまで20分~30分かかります。
瞳孔が開くと4~5時間物が見えづらくなる為、車の運転はできません。
※当日散瞳ができない場合は、術前検査の前までに検査を受けてください。

down

医師の診察
瞳孔を開いた状態で眼底を観察し、眼科的な疾患がないかを調べます。
また、今後の治療方針についてご説明します。

down

カウンセリング
手術内容や費用についての説明、日程の確認を行います。
お一人お一人のライフスタイルや職業等に合わせたカウンセリングを行います。

レーシック・スマイルが適応可能な方

  • 18歳以上の度数が安定している人
    ※未成年者の場合は親権者の同意が必要です。また、将来近視が進む可能性があることを了承した場合に限ります。
  • 屈折度数が-6.0D以内かつ角膜の厚みが十分にある人

レーシック・スマイルが適応できない方

  • 目の病気がある場合
    (角膜疾患、ぶどう膜炎、白内障、緑内障、眼底疾患)
  • 全身疾患がある場合
    (免疫不全疾患、重度の糖尿病、重度のアトピーなど)
  • 妊娠中または授乳中
  • 向精神薬服用者

ICL(眼内コンタクトレンズ)が適応可能な方

  • 21歳以上の度数が安定している人
  • 屈折度数が-6.0D以上-18.0D以下の人
  • 前房深度が2.8mm以上の人

ICL(眼内コンタクトレンズ)が適応できない方

  • 目の病気がある場合
    (角膜疾患、ぶどう膜炎、白内障、緑内障、眼底疾患)
  • 角膜内皮細胞数が年齢に対する基準を下回る場合
  • 重篤な全身疾患がある場合
    (重篤な糖尿病、膠原病など)
  • 妊娠中または授乳中
  • コラーゲンに対する過敏症がある場合

屈折矯正手術までの流れ-術前検査

所要時間2時間程度で完了します。

注意事項:術前検査の前に、コンタクトレンズの装用を中止してください
ソフトコンタクトレンズ→2週間前から装用中止
ハードコンタクトレンズ→4週間前から装用中止

検査(1時間)
手術に必要な検査を行います。
※睡眠不足等で目を酷使していると、検査データが変わる場合がありますので、前日は十分に睡眠をとり、目を休めてください。

down

医師の診察
検査・診察結果をもとに再度適応判断を行い、治療方針を決定します。

down

カウンセリング
手術の流れ、手術前後の注意事項、手術後の通院日程などをご説明します。

down

術前点眼薬処方
手術の1週間前から、目の表面のばい菌(常在菌)を減らす目薬をさします。