医療法人永世会は佐賀県で患者様に優しい、開かれた眼科医療をご提供いたします。

ブログ

ホーム > ブログ

新年度

2023.04.13

今年の桜は長く楽しむことができましたね。

この春、入園・入学・就職された皆様、誠におめでとうございます!

慣れない環境での新生活、期待と不安でドキドキの日々をお過ごしのことと思います。

息抜きをしながら一緒に頑張っていきましょう!!

私自身も入社して一年が経ちました。

眼科で働くのは初めてで眼の病気や目薬・検査機器の種類がたくさんあり、

覚えるのに苦慮しています。

まだまだ覚えることはたくさんありますが、聞けばすぐに答えてくれる先輩ばかりで、

心強い環境の中で仕事ができています。

早く自信をもって仕事が出来るよう頑張っていきたいと思います!

新年度が始まると学校検診で視力検査が実施されます。

学校検診で異常が見つかったり、見え方が気になるという方は早めに眼科を受診してください。

季節の変わり目ですので体調を崩されないよう、お気をつけてお過ごしください。

クラーク 小林

3月といえば・・

2023.03.14

3月になり、朝夕はまだまだ冷え込みますが、日中のポカポカな陽気が春を感じさせてくれます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月といえば、ひな祭り!

我が家では長女が元気で幸せになるよう願いを込めて、ひな人形を飾っています。

また、ひな祭り当日、長女と次男が託児所で可愛い飾りを作ってきてくれました♪

さて、今は花粉症のシーズン真っ只中。今年は全国的に花粉飛散量が昨年より多く、

過去10年で最も多くなる地域もあると予測されています。

当院では2月末から「痒い」「ゴロゴロする」などの症状や「今年初めて花粉症の症状がでた」と言われて受診する患者様が増えています。もし少しでも症状があれば、我慢せずに早めの治療をして症状の悪化を防ぐことをおすすめします。

暖かで明るい春が訪れますように(^^)

クラーク:山平

3歳児健診

2023.02.07

早いものでもう2月、厳しい寒さの日もありますが皆様お元気にお過ごしでしょうか?

さて、今回は3歳児健診の視力検査についてお話しようと思います。

3歳6ヶ月~8か月くらいを目途に市町から「3歳児健康診査」の案内が届き、そこで初めて視覚検査を受けるお子さまが多いかと思います。

3歳児健診における視覚検査の内容は法令で決められており、

1次検査:家庭にてアンケート記入、視力検査

2次検査:健診会場にてアンケート記入項目確認・問診、家庭での視力検査結果の確認と必要に応じて再検査、医師(小児科医)の診察

上記のうえ、要精密検査と判断された場合に眼科へ紹介となります。

しかし、小さいお子さまの場合は0.2程度の視力があれば日常生活は不自由なく送れるため、家族が見えづらさに気付く事は多くありません。また家庭での検査が上手くできなかったとしても、問題ないだろうと親が判断してしまい、再検査の機会を失ってしまう場合もあるようです。

3歳児健診で弱視を見逃してしまった場合、次に発見できるチャンスは就学時健診までないことが多いため、早期治療開始が望ましい弱視治療においては大きな痛手に…

そこで、令和4年度から3歳児健診を受ける全てのお子さまを対象に、屈折検査機器を用いた検査を行う取り組みが始まり、佐賀県内では唐津市以外全て市町に導入され、武雄市・伊万里市・有田町では昨年の半ばから導入・実施されてます。

健診で使われている機器の一つはスポットビジョンスクリーナーというもので、当院でも平成29年から導入しているものと同じです。

この検査を行うことで、大まかな屈折異常(遠視・近視・乱視)の度数や左右差、斜視の有無を発見することができます。視力検査と違い他覚的に測定できるうえ、操作も簡単なので、集中力が短いお子さまでも比較的短時間でスクリーニング検査が行えます。

実際に当院にも健診での屈折検査の結果を持って受診され、その後の精密検査で弱視を発見できたお子さまが何名もいらっしゃいます。

弱視は治療できる時期が限られており、お子さまの将来の見え方を左右する重要なものです。この取り組みをきっかけに、一人でも多くの弱視のお子さまの視力向上に繋がればいいなと期待しています。

健診で再検査を勧められた方、またお子さまの目に関して気になる事がある方はお気軽にご相談ください。当院で可能なことは全力でサポートさせて頂きます♪

視能訓練士:深堀

『癸卯(みずのとう)』 新年スタート!!

2023.01.18

明けましておめでとうございます!

2023年が始まりました!(^^)!

周囲ではではコロナに加え、インフルエンザも猛威を振るっており慌ただしい年明けとなりました。

私や家族は有難いことに何事もなく健康に過ごしております(^^♪

.

さて、今年の干支は『うさぎ』ですが、十干と十二支を組み合わせた六十干支という分類があり2023年は『癸卯』の年にあたるそうです。

『癸(みずのと)』は一つの物事が収まり次の物事へ移行をしていく段階。

『卯』は穏やかで温厚な性質であることから「家内安全」や、跳躍する姿から「飛躍」「向上」の象徴とされているようです。

日々の診療で外来が混雑し、気持ちにゆとりが持てないときやバタバタしてしまうときこそ、温厚なうさぎのように深呼吸をして心穏やかに業務を行い、患者様に接していきたいと思っております。

.

コロナも5類へ引き下げる案なども出ていますので、円安、物価高、世界情勢など…様々な問題もいったん収まり、今年は飛躍の年となるよう願うばかりです。

院内では昨年に引き続き感染症対策をしっかり行いながら、安心して受診していただけるよう皆様の来院を心よりお待ちしております。

まだまだ寒い日が続きますので、どうかご自愛くださいませ。

クラーク きみこ

今年もあと少し

2022.12.18

今年もあっという間に年の瀬となりましたね👀

今年も託児所の子供たちがクリスマスツリーの飾りつけを手伝ってくれました🌲♪

コロナウイルス感染症が流行り始めてからもうすぐ3年となります。

少しずつ制限が解除されてきていますが、感染者数はまだまだ減少していませんね💦

しっかりと感染症対策、防寒対策をしてよいお年をお迎えください(^^)✨

来年からもスタッフ一同精進して参りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

看護補助:松永⛄