医療法人永世会は佐賀県で患者様に優しい、開かれた眼科医療をご提供いたします。

多焦点眼内レンズ

ホーム > 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズによる白内障手術

通常の白内障手術で使用する眼内レンズは単焦点眼内レンズです。この単焦点眼内レンズは、一定の距離にしかピントが合いません。このため、いわゆる「老眼」は残り、手術後もメガネが必要です。

そこで登場したのが、「多焦点眼内レンズ」です。
多焦点眼内レンズは遠近ともにピントを合わせることができるため、手術後もほとんどの方がメガネをかけずに過ごすことができます。

術後の見え方 術後の見え方

ピントを遠くに合わせた場合遠くは見ていますが手元はぼやけて見えます
→老眼鏡が必要

多焦点眼内レンズの見え方 多焦点眼内レンズの見え方

遠くから手元まで概ね良好に見えます

手術に際しての注意事項

多焦点眼内レンズは20歳代の見え方に戻るわけではありません

すべての距離にはっきりとピントを合わせられるわけではありませんので、自由にピントが合わせられる若い頃の見え方とは異なります。眼鏡の使用頻度を少なくすることが目的です。

また、多焦点眼内レンズは、コントラスト感度が通常の単焦点眼内レンズに比べて落ちます。つまり、単焦点眼内レンズよりピントが少し曖昧になり、ややにじんで見える感じです。このため多焦点レンズによる手術を希望された場合でも、全ての方に適応があるわけではありません。

適応になりにくい方の一例
  • 夜間、車の運転を職業とする方、細かい色の違いを見分ける職業の方
  • 強度の乱視がある場合
  • 瞳孔機能障害、網膜疾患や網膜変性・視神経に異常がある(白内障以外の疾患がある)
  • 神経質な方、完璧主義の方

ハロー・グレア

多焦点眼内レンズはレンズの構造を工夫することにより、遠方~中間距離~近方に焦点を合わせます。 レンズの特性上、複数の焦点が合うため単焦点レンズに比べると、眼の中に入る光が乱反射されて、 暗所で光が散乱し、見ている物体の周辺に輪がかかって見えたり、光が長く伸びてまぶしく見えることがあります。
個人差はありますが、手術後の時間経過とともに慣れてくるといわれています。

眼内レンズ不適合

眼内レンズの度数は、角膜屈折及び眼軸長により計算して慎重に選びますが、測定誤差を0にすることは困難です。特に強い濁りや強度の遠視・近視がある場合などは、通常よりも誤差が生じやすくなります。手術後、度数のズレが大きい場合には、レーシックによって角膜を削って調整することもできます(タッチアップ)。

また、検査や診察上では問題がなくても多焦点の見え方にどうしても馴染めず、視力が思うように出ない場合があります(waxy vision)。レンズの構造が複雑なためとも言われていますが、原因が分からないものがほとんどです。この場合、数か月から1年くらい経過を見て、単焦点眼内レンズに入れ換えることもあります。

※いずれの場合も、料金は別途発生いたします。

現在、当院では3種類の眼内レンズを採用しております。レンズの特性を十分にご理解いただいた上でご選択ください。

名称 保険区分 術前検査 手術費用
多焦点眼内レンズ
※谷口眼科婦人科のみ実施
先進医療
(保険+自費)
保険診療
(約6000円)
自費:100万円
保険:約1万円
プレミアム多焦点眼内レンズ
(レンティス)
自費診療 5万円 120万円
3焦点眼内レンズ
(ファインビジョン)
自費診療 5万円 120万円
(乱視用130万円)

先進医療の多焦点眼内レンズ

構造

レンズ表面の円環状の回折領域に階段状の細かい溝が刻まれており、これによって光を遠方・近方に 振り分けて(光を散乱させて)、遠くにも近くにも焦点を合わせる構造です。 光の散乱による光学的損失が約20%あるため、ハロー・グレアを自覚しやすかったり、コントラスト感度(光の明暗や鮮やかさ)が低下しやすいと言われています。
瞳の大きさにあまり影響されないので、一般的に瞳孔の小さい高齢者にも安心して使用できるレンズです。

レストア(日本アルコン社)

中央の直径3.6㎜が回折構造で、その周辺が遠用単焦点眼内レンズになっているアクリル非球面着色レンズです。
レンズの構造上、暗いところ(瞳孔が大きくなる)では近方が見えにくくなります。 近用レンズの加入度数は、+4Dと+3Dがあります。
また、2014年5月から乱視用も登場しました。

レストア(日本アルコン社)

テクニスマルチフォーカル(AMO社)

レンズ後面が回折構造で、前面が非球面になっているアクリルレンズです。 どの瞳孔径でも、近方と遠方に同等に光を配分するため、暗いところでの見え方が改良されています。 近用レンズの加入度数は+4D(30㎝)と+3.25D(40㎝)です。
また、このレンズには乱視用はありません。

テクニスマルチフォーカル(AMO社)

+4D+3Dの原理

+4D(近用眼鏡+3.2D相当)は、近方30㎝が最もよく見えますが、40cm~70cm(中間距離)は見えにくくなります。
→本や携帯は見やすく、パソコンが見にくい。

+3D(近用眼鏡+2.5D相当)は、近方40~50㎝が最もよく見え、中間距離の見え方の改善を図っています。
→本や携帯は離さないと見えにくいが、パソコンは見やすい。

自費診療の多焦点眼内レンズ

レンティス(ドイツ:Oculentis社)

レンティスヨーロッパでは広く用いられていますが、日本での承認はなく先進医療適応外の手術です。 現在の多焦点眼内レンズの中ではもっとも優れていると言われている多焦点眼内レンズです。

レンティス(ドイツ:Oculentis社) レンティス(ドイツ:Oculentis社)

構造

レンズの半分は遠方に、半分は近方に焦点が合う構造です。この構造によって、光の散乱による光学的損失が約5%と軽減されたため、ハロー・グレアが軽減される、コントラスト感度が落ちない、従来のレンズよりも明るく鮮明に見える、と見え方の質が向上しました。

→従来の多焦点眼内レンズは、夜間の運転が多い方や細かい色の違いを見分ける職業の方は控えたほうがよいとされていましたが、レンティスの使用でより多くの方への適応が可能です。

近用レンズの加入度数

近用レンズの加入度数は+3D(50㎝)ですが、レンティスの構造は光学的損失が少なく、また個々人の屈折度数に合わせたオーダーメイドであるため、中間視力もあまり落ちず手元40㎝~遠方まで良好な視力が得られると言われています。

度数設定

通常の眼内レンズは0.5D(ジオプター)刻みで、患者様に合う一番近い度数のレンズを使用して矯正していましたが、レンティスは屈折度数を0.01D刻み・乱視軸を1℃刻みで決める完全オーダーメイドレンズのため、従来の50倍の精度でより正確な遠視・近視・乱視の矯正が可能です。

納期

術前検査後にドイツのオキュレンティス社に発注し、製造~納品まで1~2か月ほどかかります。
オーダーメイドレンズのため、前金として手術代の半額をレンズ発注前にいただきます。このため、レンズ発注後にキャンセルをされても、前金の返金はいたしかねますのでご了承ください。

ファインビジョン(ベルギー:PhysIOL社)

FINE VISIONは、遠距離・近距離に加えて中間距離の3点に焦点を合わせることが可能な多焦点眼内レンズです。 ヨーロッパでは広く用いられていますが、日本での承認はなく先進医療適応外の手術です。

ファインビジョン(ベルギー:PhysIOL社)

構造

従来の多焦点眼内レンズと同様に回折型ですが、回折領域の溝の形を滑らかにすることで、ハロー・グレアの軽減を図っています。

近用レンズの加入度数

近距離用 +3.5D加入(約40㎝)

中間距離用 +1.75D加入(約65㎝)

納期

術前検査後にベルギーのフィズIOL社に発注します。ベルギーに在庫がある場合は2週間くらいで納品されますが、在庫がない場合は製造になるため2か月くらいかかります。