医療法人永世会は佐賀県で患者様に優しい、開かれた眼科医療をご提供いたします。

緑内障治療

ホーム > 緑内障治療

緑内障手術

緑内障とは眼圧の上昇によって視神経が障害され、視野が欠けたり狭くなったりする病気です。 治療は「眼圧を下げること」ですが、一度障害された視神経を元に戻すことは出来ないため、 緑内障の治療は、進行を食い止めることが目標となります。

眼圧について

目のはたらきや形状を正常に維持するには、眼球に適度な張りが保たれていなければなりません。その張りを保っているのが眼球内の圧力、すなわち「眼圧」です。 眼圧は時間や季節によって多少変動しますが、ほぼ一定の値を保っています。このはたらきをするのが、毛様体から分泌される「房水」という水分です。房水は血液の代わりとなって目の中に栄養などを運び、常に産生・排出を繰り返してバランスをとっています。ところが、何らかの原因で房水の通り道が詰まるなどして排出がうまくいかなくなると、房水がたまって、眼圧が上がります。すると、慢性的に視神経が圧迫され、視野が障害されます。

眼圧について

眼圧の正常値

眼圧は10~20mmHgが正常範囲とされています。しかし、同じ眼圧でも緑内障を発症する人としない人がいます。
これは、視神経が眼圧に対して強いか弱いかが関係しており、その人にとって高すぎると視神経が障害されます。緑内障患者では、正常値と言われる10mmHgでも視野欠損が進行する場合があります。

緑内障の治療

緑内障の治療では、まず点眼療法を行います。定期的に眼圧検査と視野検査を行い、その結果を見ながら、効果が十分でなければ、点眼薬を変更したり、2~3種類を併用することもあります。 それでも眼圧が下がらない場合はレーザー治療や手術治療を行います。

緑内障の治療
静的視野計ハンフリーHFA740Ⅱ(カールツァイス)

静的視野計
ハンフリーHFA740Ⅱ(カールツァイス)

レーザー治療

レーザー虹彩切開術(LI)

緑内障の急性発作を起こした場合、あるいは将来、起こす可能性のある狭隅角眼に対して行います。レーザーで虹彩に小さな孔を一か所あけ、房水が前房へ排出されるためのバイパスをつくり眼圧下降を図ります。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

主に開放隅角緑内障に対して行う治療法で、点眼だけでは眼圧下降が不十分な場合に行います。房水の排出口(繊維柱帯)にレーザー照射することで目詰まりを解消し、房水の排出を促進するための治療です。
従来は、アルゴンレーザーで繊維柱帯の組織を破壊する治療法でしたが、SLTは、選択的に色素細胞のみを破壊して無色素細胞を活性化させます。このため、周辺の組織へのダメージが少なく、繰り返し照射することが可能です。

緑内障治療SLTレーザー装置オフサルミックレーザー(ソロ)

緑内障治療SLTレーザー装置
オフサルミックレーザー(ソロ)

手術治療

流出路再建術(トラベクトーム手術)

トラベクトームという電気メスを挿入し、房水の流れを良くするために、詰まっている排出口(繊維柱帯)を切除します。

流出路再建術(トラベクトーム手術)

当院での緑内障手術の特徴

トラベクトーム手術は2010年に保険適応となった新しい手術方法です。従来の緑内障手術は、結膜・強膜を切開して手術を行いますが、トラベクトーム手術では結膜・強膜を切開しません。

メリット
  • 切開創が小さいため創の治りが早い
  • 手術時間が短い(2~3分程度)
  • 眼球への負担が少なく、術後の炎症も軽減

※緑内障が重症化している場合は、結膜・強膜を切開して手術を行うこともあります。

緑内障手術装置トラベクトーム(中京メディカル)

緑内障手術装置トラベクトーム(中京メディカル)

トラベクトーム
トラベクトーム

濾過手術(インプラント挿入術)

房水の流れを良くするために、フィルトレーションデバイスというステンレス製の器具を前房内へ留置して、房水の流出路を作成する手術方法です。
この手術方法は、トラベクレクトミーという眼球の壁(結膜・強膜)に穴を開けてバイパスを作り、房水が外に流れ出るようにする手術の術式に準じて行い、バイパスを作る代わりにデバイスを留置します。
トラベクレクトミーに比べて、低侵襲かつ短時間で、術後の炎症も軽減されます。

濾過手術(インプラント挿入術)
濾過手術(インプラント挿入術)

毛様体光凝固術

房水を作り分泌する毛様体をダイオードレーザーもしくは冷凍凝固により破壊し、眼圧を下げる手術です。術後に強い痛みや炎症、視力低下などの合併症を伴うので、他の手術が施行不能の血管新生緑内障に対して最終的な手段として行います。

半導体レーザー装置オキュライトSLx(トーメー)

半導体レーザー装置
オキュライトSLx(トーメー)